グーグルアナリティクスの導入

グーグルアナリティクスの導入

グーグルアナリティクスを導入して、定期的にチェックはしていますか?

このグーグルアナリティクスは、グーグルが提供する原則無料のアクセス解析になっており、こちらのアクセス解析を利用することで、ホームページの現状把握と問題点の抽出と改善が行えます。

そしてこのグーグルアナリティクスは、ただ入れるだけではなく、しっかりと利用することが大切になっています。

そこで今回はグーグルアナリティクスの導入についてご紹介をいたします。

グーグルアナリティクスの導入は必須

グーグルアナリティクスの導入は必須

まずグーグルアナリティクスはこちらになります。

グーグルアナリティクスはグーグルが提供するアクセス解析になっており、原則無料なのに非常に豊富なデータを提供してくれます。

そしてこのグーグルアナリティクスにおいては最大のメリットは、まずホームページの現状把握が行える点で、ホームページに何人の人が訪れたのかや、どのページが人気があったのか、どのページで離脱したのかを数値データとして把握することが可能になっています。

これらは非常に大切になっており、ホームページ制作を行ったら弊社ではすべての会社さまにグーグルアナリティクスを導入しているのですが、このグーグルアナリティクスはただ導入しているだけでは駄目で、何かに利用を使用と考えてチェックをしなくてはならないのです。

これらをしっかりとチェックしていくことで、ホームページの成果は飛躍的に高まり、期待以上の成果を出せるようになるのです。

ホームページの問題点を発見

問題点を発見

そして弊社はホームページ制作を行うと必ずグーグルアナリティクスを入れて、そしてその活用法をお伝えしているのですが、その理由はホームページの問題点の発見をしていただきたいと考えているためです。

原則弊社がこれらのデータを見ると、少し費用を頂かないといけないので、お客さまに正しいデータの見方をお伝えして、チェックしていただくことで、お客さま側から、グーグルアナリティクスのデータでこのページがこのように問題があるから、こう改善したいというご依頼を頂けます。

これは非常に大切になっていて、実はグーグルアナリティクスのデータは、もちろんある程度問題点が改善されている状況においては、少しデータの見方が複雑ですが、しかし、最初のころであれば、単純に直帰率が高く入口回数が多いページの改善をすればいいだけになっております。

そしてこれらのデータを見て、実際に改善作業を行うのですが、その際に大切になるのが、あくまでホームページ制作会社などがチェックをしたとしても、その改善法は仮説になるという点です。

グーグルアナリティクスで分かる点は、基本的には、どのページに問題があるかになっており、そこから先はデータを見たり、考えて見たりして仮説での検討になっております。

そのため、あくまで改善は仮説になるので、1度の更新でホームページのデータが改善されることもあるのですが、基本は、2度3度改善して初めて成果を出せるものであると認識していく必要があります。

そのため、グーグルアナリティクスを導入して、4ヶ月や3ヶ月に1度はしっかりと改善作業を繰り返し行い続けることで、ホームページ制作の成果は飛躍的に高まり、期待以上の成果を出すことが可能になるのです。

グーグルアナリティクスの導入は簡単

導入は簡単

そしてこのグーグルアナリティクスの導入は非常に簡単です。

グーグルアカウントを取得してグーグルアナリティクスのログインとアドレスなどの指定をすると計測用のタグが配布されます。

そのタグをホームページの全体に導入するだけで、グーグルアナリティクスの導入は完了になっており、ある程度ホームページ制作になれている方であれば、初めてでも10分もあれば登録ができるものになっております。

ただし、このグーグルアナリティクスは、設定に1点だけ注意点があるので、その注意点を検索して調べて把握していくことが大切になっております。

また、グーグルアナリティクスの導入と一緒に行いたいのが、グーグルサーチコンソールとビングウェブマスターツールになっており、これらのツールを利用することで、より詳しくホームページの状態把握が行えるようになるのです。

グーグルアナリティクスは、弊社のホームページ制作実績からは実はそこまで利用している方も少ないことや、さらにはある程度の集客力がないとあまり役に立たないデータになることがあります。

そしてさらには、スパム的にある特定の検索キーワードでいきなり訪問者が増えたり、外部のスパムサイトから一気に訪問者数が増えるなどの問題があることもあります。

しかし、確かにこれは結構やる気がなくなる問題ですが、その場合も特に意識をせず、しっかりとホームページの状態把握と、効果測定、そして問題点の発見と改善を行うことで、どんどんホームページの成果は向上していき、期待以上の成果の出るホームページ制作になります。