ホームページ制作のモバイル対応を急ごう

ホームページ制作のモバイル対応を急ごう

ホームページ制作のモバイル対応は、単純なホームページ制作費にプラスして、1.4から1.5倍程度の費用が乗ってきます。

そしてこの費用については、本当に大変なものになっていて、グーグルは2021年3月以降にモバイル対応をしていないホームページについては、インデックスをしないと言っております。

そこで今回は、この2021年3月以降にモバイル対応をしていないホームページについては、インデックスをしないと言っているグーグルの発言を踏まえ、ホームページ制作におけるモバイル対応の重要性についてご紹介をいたします。

モバイル対応を行う

モバイル対応を行う

グーグルは2021年3月以降にモバイル対応をしていないホームページについては、インデックスをしないと発言しております。

一般的には大半のお客さまには関係がないのですが、実際に現在お問い合わせをいただくお客さまの中にはモバイル対応をしていないホームページもいくつかあり、これらのホームページは3月以降にグーグルの検索結果に表示されない恐れがあります。

そしてさらに問題なのが、どんなにSEOのために更新をしていてもモバイル対応をしていないと検索結果に表示されないということは、せっかく頑張ってきた努力が無駄になるということになっていて、各会社はせっかく行ってきた努力を無駄にしないためにもしっかりとモバイル対応を行う必要があります。

ただ実際に、モバイル対応をしていないホームページのインデックスを辞めると言っても、本当に辞めるのかという疑問は残っておりますが、しかし言っている以上はしっかりと対応をしていく必要があります。

モバイル対応はスマホユーザのためになる

モバイル対応はスマホユーザのため

そしてこのモバイル対応は、現在のスマホ対応が操作しやすいやしづらいという点は置いておいても、現在多くのホームページでモバイル対応をある一定の利用方法で制作されているので、多くの方がモバイルサイトの利用方法になれております。

そのため、例えばPCサイトをスマホで表示したときよりもしっかりとモバイルのときはモバイル表示をすることが大切になっており、これらを行うことで、モバイルユーザにとって本当に扱いやすいホームページになるのです。

そしてこれらは単にSEOとしてだけではなく、ホームページを本当に扱いやすいものにするための対策として重要になっており、これらをしっかりと行うことで御社のホームページの成約率が高まり期待以上の成果を出せるものになっています。

SEOの効果が0になる可能性が大きい

SEOの効果が0になる可能性

そして、グーグルが2021年3月以降にモバイル対応をしていないホームページについては、インデックスをしないと言ったことにより、可能性ですが、まだモバイル対応をしていないホームページは、まったく検索からの訪問者が集客できない恐れがあります。

これはかなりの問題であると弊社では考えており、もしまったく検索から訪問者が来ないと、社名検索をしても意味がないものになるので、例えば展示会に参加したときに、見込み顧客が社名だけを覚えていてくれたとしたら、その社名検索でまったく訪れてくれないということが可能です。

この場合に必要になるのがURLを直接アドレスバーに入力してもらうことになるのですが、通常アドレスを直接入力してくれるユーザはそれほど多くありません。

そのため、何とか社名だけでもしっかりと引っ掛けていく必要があり、そのためにも現在モバイル対応を行っていない方は、急ぎモバイル対応をしたホームページを制作することが大切になります。

ただ、このモバイル対応は、基本としてモバイルサイトでは全く役に立たないものになっていて、レスポンシブウェブデザインでホームページを作成していかなくてはなりません。

そしてこれらをしっかりと行うことで、グーグルの検索結果に表示され、さらにはモバイルユーザが訪問した際にも扱いやすいホームページとなるのです。

ただ、一点だけ注意点があり、その注意点は、2021年3月となるとこれからモバイル対応を行ったホームページ制作を行っても間に合わないものになっており、弊社であれば通常3ヶ月の納期、そして急いでも2ヶ月くらいがかかり、これが大体の大阪のホームページ制作の納期ではないでしょうか。

ではこれからモバイル対応のレスポンシブウェブデザイン作成を行われる方はどうすれば良いかというと、基本的にはモバイル対応のホームページ制作を行うことになるのですが、ただしその間1ページでも良いので、ホームページを公開することが大切です。

これらをしっかりと行っていくことで、本当に成果の出るホームページ制作となり、期待以上の成果を出すことが可能になるのです。

現在考えられる3月までに対応したホームページ制作法としてはこれ以外思いつかず、まずは1ページの会社案内的なホームページを制作しておいて、そしてそれからレスポンシブウェブデザインのホームページ制作を行うことで、取り敢えずグーグルのインデックスはされるので、効果的なホームページリニューアルや新規制作が可能になります。

ただし、ホームページ制作料金については、実はそこそこ費用がかかるものになっており、大体ですが、1ページのホームページを手軽に制作しても20万円ほどの費用が追加でかかってっきます。