ネットショップのクレカ不正利用対応

ネットショップのクレカ不正利用対応

当社は、実はそれほど多くのネットショップ制作を行ってきたわけではないのですが、そこまでの頻度はないにしても、ちょくちょくネットショップ制作のご依頼をいただきます。

そして、そのネットショップ運営を、ウェルカートと言われるツールを利用して制作したのですが、このツールで制作したネットショップがクレジットカードの不正利用の被害を受けることがありました。

そしてこの不正利用をされていたとしても、基本的には3Dセキュアを導入しているため、こちらに負担がかからないものになっているのですが、あまりに不正利用数が多いと、クレジットカードでの販売を止められてしまう恐れがあるのです。

そこで今回はこのクレジットカードの不正利用について弊社が行った対策についてご紹介をいたします。

ネットショップのクレカ不正利用

ネットショップのクレカ不正利用

ネットショップ制作自体であれば実はそれほど難しいものではなく、一般的に提供されている無料のオープンソースシステムを利用するだけで、簡単に制作することが可能になります。

ただし、このオープンソースのネットショップシステムは非常にシンプルなものになっており、実際に制作したホームページではクレジットカードの不正利用のターゲットになっており、このままではいけないと不正利用対策をご依頼いただきました。

基本的にはお客さまとしては、不正利用であったとしても売れたもののお支払いはいただいているのですが、しかしそれは、クレジットカード会社が普段してくれているものになっているので、あまり数が多いと、クレジットカード対応ができなくなってしまうとのことです。

そのため、100%不正利用をなくすことはできないのですが、しかし何かしらの対応をしっかりと行うことが求められておりました。

そして既存のシステムでは少し対応が難しいということで、この度見た目は同じですが、オリジナルシステムでホームページを制作することで、この不正利用を少しでも数を減らすことといたしました。

もちろん基本的にはデザインが同じですので、システム費は丸々かかってしまいますが、デザインコーディング費は飛躍的にコストを抑えたご提案とさせていただきました。

不正利用の傾向

不正利用の傾向

まず不正利用があったときにその傾向を把握することから始めました。

フルスクラッチのシステム開発は決して安いものではないので、フルスクラッチとするのであれば、完全に不正利用をなくせないとしても、ある程度の不正利用者数を減らすことが大切だと考えたのです。

そしてその傾向は基本的には3Dセキュア側での認証に失敗している回数が通常の購入者よりも多いという傾向があり、もちろんストレートに3Dセキュアを突破することもありますが、しかし、多くの不正利用者が3Dセキュアで詰まっていることなどもあるので、このあたりを中心にブロックができるシステムを構築いたしました。

しかし、3Dセキュアの入力は、ホームページ外になっているので、それらのエラーを起こした場合にはブラックリストに入るようにすることで、安全で安心なホームページ運営としようとしたのです。

もちろん他にも対応

他にも対応

もちろんせっかくフルスクラッチでの開発を行うのだから、できる限りこれらの問題が起こらないように、仮定にはなりますが、しっかりとリスクを検討して対策を行いました。

例えば、一日に購入できる枚数を制御することや、さらには在庫数をもともとは打ち出していたのですが、これらを辞めて大量に購入できると確信を持たせることを辞めることなどになっております。

もちろんその他にもさまざまな対策を行うこととなっていたのですが、これらをしっかりと行うことで、確かに0ではないにしても不正利用者数を大きく激減することが可能になっていましたので、ある程度は効果を発揮したものになっております。

そして今後はこのクレジットカード決済代行会社さまのホームページ内で3Dセキュアを数回間違えたら弊社のホームページへとリダイレクトをしていただくことで、より安心安全なホームページと制作となるのです。

ネットショップ制作は難しい

ネットショップ制作は難しい

そしてこのネットショップ制作においては、単純に制作するだけであれば、非常にシンプルに制作することができるのですが、制作した後にもしクレジットカードの不正利用のターゲットになってしまうと、余計に予算の掛かるものとなっているのです。

そして今回制作したネットショップにおいても制作した当初からこのターゲットになっていたのですが、なぜターゲットになったのか、そしてIPアドレスを見る限りでは、複数人の方が行っているように思います。

そのため、クレジットカードの不正利用については、かなり意識をしなくてはならず、もちろん弊社ではネットショップを複数制作しているのですが、すべてのホームページがターゲットになったわけではないにしても、今後現状ではターゲットになっていないホームページにおいても、どこかのタイミングで不正利用が発生するかもしれないのです。

そのため、ネットショップ制作においては、かなり慎重にならざるを得ず、例えば予算的な問題で、とにかく安くネットショップを制作しても構いませんが、しかし売上がある程度上がるようになった段階で、しっかりと対策が行われたネットショップとするのが良いでしょう。

これらを徹底していくことで、お客さまのネットショップは安心で安全なものになり、より多くのユーザから選ばれるネットショップとなるのです。