ホームページ制作と2021年の挨拶などの新着情報

ホームページ制作と2021年の挨拶などの新着情報

ホームページ制作を行う際に新着情報を制作しているでしょうか。

この新着情報は地味にSEOとして大切なコンテンツになっており、これらのコンテンツをしっかりと制作することで、SEO効果は最大化されるのです。

そのため、できればホームページ運営に時間を掛けたくないと考えるかもしれませんが、しっかりとホームページ制作段階で新着情報にワードプレスを導入することが重要になっております。

そこで今回は、2021年の挨拶などの新着情報を制作したほうが良いというポイントをご紹介いたします。

2021年の挨拶などの新着情報とは

2021年の挨拶などの新着情報

新着情報とは、2021年の挨拶などの会社として公開しておくべき情報を公開するためのコンテンツになっております。

これ以外にも、例えば年末年始休業であったり、お盆休みなどの情報を公開することで、その期間に問い合わせをいただいても対応ができないとユーザが分かるものになっております。

そしてこの2021年のご挨拶などのコンテンツを作成することは一見SEOには全く意味がなさそうに見えるのですが、しかし実際にはグーグルは会社の情報をしっかりと打ち出す重要性を言っているので、地味に効果があると考えております。

そのため、できればしっかりとこれらの2021年のご挨拶などのページを作成して公開していくことで、ホームページ制作の効果は飛躍的に高まっていくと思われます。

また、こちらは弊社のお客さまになるのですが、そのお客さまでは年に20回程度新着情報を更新するだけで、狙ったキーワードすべてで上位表示を実現するものになっており、これらは非常にSEOにとって重要であると言わざるを得ないものになっております。

そのため、これらのコンテンツをしっかりと更新することで、必ず上がるとは言いづらいコンテンツにはなるのですが、しかし、実際に上がっているホームページもあるので、しっかりと対策を行うようにしなくてはなりません。

作成する際には質を意識

作成する際には質を意識

そしてこれらのコンテンツを作成する際には、ある程度の質を意識していかなくてはなりません。

例えば、2021年のご挨拶においては、明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。だけの文章で公開しているとグーグルが質の低いページであるとみなしてくる恐れがあるのです。

そしてこれで質が低いとみなされてしまうと、もちろん1ページだけでそこまで影響は無いと思いますが、そのようなページが多ければ多いほど、トップページの検索順位を下げる恐れがあるのです。

これは非常に問題のあるものになっていて、せっかく更新をしていても、短文であるためにグーグルがまったく役に立たないと思ってしまい、御社の検索順位を大きく下げる恐れがあります。

このように検索順位を下げないためにも、しっかりと質を意識することが大事になっており、この質を意識することにおいては、まずは原稿作成を行う前にある程度の原稿ボリュームでページを作成するためにはどのような内容を書くことが大切になるかをしっかりと検討していくようにしましょう。

これらをしっかりと行っていれば、よほどでない限り質の低いとグーグルが見なすページにはならないので、必ずSEO効果を高めることが可能なのです。

タイトルがかぶらないようにだけ注意

タイトルがかぶらないようにだけ注意

そして例えば2021年のご挨拶のように、例えば新年のご挨拶とすると、去年や来年と同じページタイトルのページになってしまいます。

これは大きなデメリットになっており、しっかりと投稿する際には、重複は駄目だと認識してページを作成するようにしましょう。

このように弊社では毎年あることについては、年度をしっかりと入れるようにしていて、これらを行うことで、同じページタイトルにならないというメリットがあります。

たったこれだけのことですが、非常にSEOにとっては大切になっているので、しっかりと年度を入れて対策を行うことで、期待以上の成果を得ることが可能なのです。

今日から新着情報を更新しよう

新着情報を更新しよう

新着情報は、もしかすればしっかりと運営していれば上がるかもしれないコンテンツです。

そのため、しっかりと新着情報を更新するようにしなくてはならず、またこの新着情報は実はそれほど更新ネタがないのですが、しかし作成にはそんなに時間がかからないものになっています。

そのため、まずはしっかりと新着情報を作成することを定め、そして過去の分でも良いので、しっかりと記事を作成していくことで、御社のホームページは非常に多くの情報発信を行っているホームページとなります。

基本的に弊社も含め、ホームページの更新はできる限り行いたくないというのが本音です。

しかし行わないとSEOで順位が落ちていくため、しっかりと行って、少しでもSEOにプラスにしなくてはなりません。

そしてこのプラスの対策として新着情報は非常に有意義であると思われますので、まずはホームページの更新が大変だからしていないという方は新着情報から更新してみてはいかがでしょうか。