2021年のSEO

2021年のSEO

SEO対策は本当に難しいものになっており、確かに対策法においては、それほど複雑ではないにしても、しかしその労力は膨大なものになっております。

そしてこのSEO対策においては、大幅な仕様変更はないにしても、しかし細かな箇所での修正は日々行われており、過去にSEOを学んだ方であっても、しっかりと2021年のSEOを知る必要があるのです。

そこで今回は2021年のSEOについてどのような点があるのかをご紹介いたします。

SEOの基本はブログ運営

SEOの基本はブログ運営

SEOの基本についてはこれは昔も今も大差がないのですが、しっかりとページを作成し続けることでSEO効果は飛躍的に高まります。

この作業は本当に膨大になっており、さらにはSEO作業はこれだけではないのですが、しっかりと継続を行い続けなくてはならないのです。

そしてこの更新作業においては、実は色々とルール決めがあるので、1記事を作成するだけでも、結構な時間がかかるものになっております。

そしてこの時間については、しっかりとホームページ運営を継続していれば、必ず下がっていくものになっており、とにかく慣れるまでが膨大な作業量になっているのですが、しっかりと続けていれば必ず効率が高まるようになっております。

ただ、それにしても、その作業量は膨大になっており、2021年のSEOが難しいと言われる所以になっております。

そのため、基本的には、2021年のSEOにおいては、しっかりとホームページの更新を行い続けることになっていて、これらを継続しなくては絶対にSEOで成功することがないのです。

必要に応じて被リンク

必要に応じて被リンク

そして基本的にはページ作成だけで、SEOで成功させることができればいいのですが、実際にはそれだけで成功しないこともあるのです。

その理由としては、ライバルのホームページがSEOで被リンク対策を行っているときであり、この場合においては御社も被リンク対策を行う必要があります。

そしてこの被リンク対策をしっかりと行うことでホームページの検索順位は少しずつ高まるものになっております。

そしてこの被リンク対策においては実は、かなり難易度が高いものになっているのですが、しっかりと何かしらの対策を行うことが重要になるのです。

この被リンクは基本的には価値のある場合と価値がまったくない0の場合のどちらかになっており、もちろん無効化されるからと言って闇雲に増やしてしまうと、グーグル側の目視に引っかかり、スパム行為であると思われるので、一気に検索順位は落とすのですが、グーグルがスパムであると思わないように、しっかりと対策を行い続けることで、期待以上のSEO効果を得ることが可能になるのです。

そして実際にこの被リンク対策については、弊社においても、毎日作業は行っているのですが、しかし本当に大変なものになっており、できれば行わないほうが良いと思われるものであること、さらにはもし自動化できるのであれば自動化したほうが良いものになっております。

そして現在弊社では、この被リンクの自動化のためにツールを開発して、その結果被リンクが集まれば良いと思っており、しっかりとこれらを継続することで、2021年のSEOとして最適化されたSEOとなるのです。

2021年のSEOは努力と効率

2021年のSEOは努力と効率

上記が基本的なSEOになっており、基本としては、努力によって上げることが可能ですが、しかしこの努力を継続することが不可能なくらい現在の2021年のSEOは大変なものになっております。

そしてこれらの作業を行い続けることは本当に時間のかかるものになっているので、基本としてはこれらの作業を行いながら、SEO作業の作業量の軽減を図るための何かしらの対策を行う必要があります。

そしてこの作業については、まずページ作成においては、画像などを利用できるコンテンツを作成していくこと、そして被リンクについては自然に被リンクが集まるような何かしらのツールや画像をアップしていくことが大切になっており、これらを行って初めてSEO作業の効率化が実現するのです。

SEOは最初の努力が大変

SEOは最初の努力が大変

そしてSEOにおいては、最初にページ作成を行うだけ、あるいは追加して被リンクを行うとなると、本当に多くの労力が必要になるのです。

この作業は、実際に順調に思われるお客さまで合っても、途中で実は更新が大変過ぎてこれらを軽減できないかと相談されることがあるくらい本当に大変なものになっており、そこからプラスアルファで被リンク対策をなるとなると、本当に膨大な量の作業が必要になるのです。

しかし、実際にこれらの作業を行わなくては、検索順位が上がるということはなく、しっかりと対策建てて継続して行うことが求められております。

そのため、最初は確かに大変ですが、しっかりと対策を継続してホームページから売上が上がれば、その予算を使ってSEOのためのコンテンツを作成していくことが2021年のSEOになっております。

もちろんこの楽をするようなコンテンツについては制作しなくても構わないと言えば構わないのですが、しかしそのためには相当な努力が必要になるので、その時の状況から自動化が必要かどうかを判断して対策を行うようにすることで、本当に費用対効果の高いSEO対策となるのです。