SEOの概要

SEOの概要

ホームページ制作を行っていると、SEOを求められることが非常に多いです。

そしてこのSEOにおいては実は、仕組み自体はそこまで難しくないのですが、しかし実行することは本当に難しいものになっております。

そこで今回は大阪でホームページ制作を行っている弊社のSEOについての考え方をご紹介いたします。

SEOの概要

SEO概要

まずSEOの概要としてですが、SEOは基本的には3つの対策があります。

まず1つ目として、ホームページ制作時にSEO対策に最適化させることになり、こちらは通常ホームページ制作会社が行ってくれるのでそれほど意識する必要はありません。

そして次に、ホームページの更新があります。

このホームページの更新においては、実は相当大変なものになっており、しっかりと更新業務を行うことで、よりホームページ制作の成果が高まるようになっております。

そして最後に被リンク対策になるのですが、この被リンク対策は、行うことが大変ですが、ある段階まで上がったら突然順位が止まることがあるのですが、そこでしっかりと被リンク数を増やすことで、さらなる上位表示が可能になっております。

このようにホームページ制作のSEOにおいては、これらの3点を行うことで本当に成果の出るSEO対策になるのです。

そしてこれらを徹底して行うのが弊社のSEOになっております。

ホームページ制作段階でのSEO

ホームページ制作段階でのSEO

まずホームページ制作段階で行うSEOとしては、ホームページ全体をSEOに最適化することになっており、このSEOの最適化を行うことで、ホームページ全体で検索エンジンからの多くの見込み顧客を集客できます。

どういうことかというと、基本的にはホームページ制作会社が行うSEOは、クローラビリティーの最適化になっており、このクローラビリティーを最適化することで、ホームページは飛躍的に効果を生み出せるようになるのです。

そしてよく勘違いされるのですが、SEO対策は例えSEOに強いホームページ制作会社がホームページを制作したとしてもこれだけで上がることは少なく、しっかりとホームページ運営の中でSEO対策を行い続けることが大切になっております。

そのためホームページ制作会社が行ってくれるSEOとはクローラビリティーの最適化になっており、もちろんSEOに強いホームページ制作会社がホームページを制作したほうが少ない被リンク数や少ないページ数での上位表示が可能ですが、原則として、ページ数などを増やす行動をしていかなくてはならないのです。

新規ページの作成

新規ページの作成

そしてホームページ制作会社やSEO会社が推奨する対策の中に、新規ページ作成があります。

この新規ページの作成は本当に大切になっていて、2つのメリットがあります。

まず一つ目は、利用する言葉の数が増えることで、その言葉でグーグルの検索結果に表示されます。

実はまだまだSEOという言葉は一般的になっても、そこまで理解している方は少ないのですが、実際にホームページの中で利用されていないキーワードで引っ掛けることは不可能になっております。

そしてもう一点が狙ったキーワードで上げるためには、そのキーワードに関連するページを作成することが重要になっていて、これはグーグルが基本的には最も詳しいホームページを上位表示させるというポイントに紐づいております。

そのため、例えば弊社であれば、【ホームページ制作】が上位表示を狙うキーワードですが、このホームページ制作を使ったタイトルのページが多ければ多いほど、ホームページの成果は最大化されて行くのです。

みんなが嫌いな被リンク

被リンク

ホームページのSEOの流行としては、被リンクに頼らないSEOになっているのですが、この被リンクはほぼ間違いなく必要であると言えます。

実際に弊社も数本の被リンクで上げれるホームページがあるのですが、これらのホームページがなぜ上がっているのかを分析しても分からないものになっており、ただグーグルの判断が評価が高かったとしか言えないのです。

そのためこの被リンク対策は必須になっておりますが、しかしこの被リンク対策は現在非常に難しいものになっているので、しっかりと注意深く対策を行う必要があります。

まずこの被リンク対策には3点の指標があり、まず被リンクを行うホームページと同テーマにすることが重要です。

そして次に、その被リンク元のホームページのSEO状況になっており、これは必須のものになっているので、しっかりと対策建てて行わなくてはなりません。

そして最後にこれが最も大変ですが、被リンク元のホームページの更新業務が必要になっております。

この更新業務は本当に時間のかかるモノであり、そして大変なものですが、弊社ではしっかりと予約投稿などを利用して、対策を行っております。

そしてこれらのルールを守ってSEOを行うことで成果を出せるのですが、ただやはりこれらをルール決めしても更新ボリュームが大きすぎるので、結構な頻度で被リンク対策は嫌われるものになっております。