サイトマップページの在り方

サイトマップページの在り方

ホームページ制作時に大体のホームページであるサイトマップページ。

このサイトマップページは、お客さまからすれば、あまりユーザも見ないと思うし、予算がもったいないと考えてしまいがちですが、実は結構重要なページになっております。

実際に弊社も、予算が厳しい場合は作成しない提案をしていますが、しかし大半が制作する提案をしており、このサイトマップページを制作することで、ホームページのSEO効果とまよっているユーザを適切に誘導することが可能になります。

そこで今回はサイトマップページの在り方についてご紹介をいたします。

サイトマップページの在り方

サイトマップページの在り方

サイトマップページの在り方はどのようなものになるのでしょうか。

こちらは、ホームページ制作会社のサイトマップになっており、こちらのサイトマップページは、基本的にはホームページ制作会社のホームページにあるすべてのページへのリンクが掲載しているだけのページになっております。

このページで掲載されているリンクは、基本的にはすべてのページになるのですが、大規模なホームページやブログなどの記事ページ数が多いページにおいては、実はすべてのページではなく、結構省略して表示されております。

これは省略の仕方さえ適切であれば問題がないものになっていて、しっかりと何を省略するのかを定めて表示させることで本当に効果の出るホームページ制作となるのです。

そしてこれらをしっかりと行うことで、本当に価値のあるサイトマップページの制作になり、効果は微増ですが、効果向上を行うことが可能です。

サイトマップの効果

サイトマップの効果

では、サイトマップページを作成して最も効果を生み出すのはどういうものになってくるのでしょうか。

これについては実はかなり大切なものになっていて、サイトマップページは主要なページあるいはすべてのページへのリンクが掲載されているので、内部リンク数を増やすことが可能になるのです。

ここでしっかりと内部リンクを行うことによりそれぞれのページがグーグルに認識されるようになるので、本当に効果的なページ作成が可能になります。

そしてこのサイトマップページにおいては、内部リンク効果が昔は相当強かったので、サイトマップページをSEOのために制作することも多かったのですが、現在はそのような対策の効果を弱められております。

ただ、効果が0ではないのでSEO対策を行われている会社さまにおいては、しっかりとサイトマップを制作して運用するのが良いでしょう。

昔はサイトマップに大量被リンクでSEOが流行った

サイトマップに大量被リンクでSEO

これは昔の手法で現在も効果はありますが、昔ほどはない対策になるのですが、昔はこのサイトマップページを使ったSEOが流行っている時期がありました。

どういうことかというとこのサイトマップページを制作して主要なページへと内部リンクを行います。

そして、その後そのサイトマップページへと大量に被リンクを行うことで、内部リンクの価値を高めることが可能になり、ホームページ全体のSEO効果を飛躍的に高めることができるというものになっています。

これは非常に効果がありましたが、現在そしてこれからのグーグルは個々のページを評価すると言っているので、実は現在そしてこれからもあまり効果を見込むことができません。

ただし、効果が0ではなく弱くなったというだけになるので、現在でも多少は効果があると弊社では考えております。

そしてこれらをしっかりと行うことで、ホームページ制作の成果は飛躍的に高まり期待以上の成果を得ることが可能になります。

サイトマップページの作成についてはできればSEOを行っているのであれば、必ずしっかりとどのページへのリンクを掲載するのが良いかをユーザ視点とSEO視点で考えて、そしてそのリンクを掲載していくことで、期待以上の成果の出るホームページ制作となるのです。

ただし、弊社の場合においては、現在のサイトマップのSEO効果を考えると、最悪のケースはなくしても良いと考えており、これは予算調整のためにですが、最悪のケースではサイトマップを作成せずに変わりに、ブログなどをしっかりと更新していただくこと、そして内部リンクがないぶん外部リンクをしっかりと送ることで、本当にSEO効果の高いホームページとすることが可能になるのです。

そしてこのサイトマップページについては、グーグルアナリティクスを見ると、お客さまが思っている通り、ほとんどアクセス数がないページになっており、基本は0のアクセス、まれに一桁のアクセスのあるページとなっているので、ユーザ視点で考えれば実はそれほど大切なページにはなっておりません。

SEO対策は本当にさまざまな対策法があり、その中の一つとしてサイトマップページを使ったSEOが現在でも有効であるといるものになっているので、SEOをとことん行いたいという方はSEOのためにサイトマップページの作成を、SEOは行うがそれくらいなら無くてもいいという方は、予算に応じて制作を検討してみてはいかがでしょうか。