被リンクの考え方

被リンクの考え方

SEOをしていると多くの方が嫌がる被リンクが必ず出てきます。

実際に弊社もかなり被リンクは嫌なのですが、しかしやらないと上がらないと理解をして、対策を行っております。

この被リンク作業においては、確かに効果はあるのですが、闇雲に行ってはならずしっかりとした考え方の元運営していくことが大切です。

そこで今回はこの被リンクの考え方についてご紹介をいたします。

被リンクは価値が大切

被リンクの価値

まず被リンクを考える場合においては、実は、どのようなものであっても良いということはなく、しっかりとホームページのテーマと揃えること、そしてグーグルが評価してくれる被リンクでなくてはなりません。

こちらについては詳しくは、被リンクの関連性についてにも記載しているのですが、当然関連性がない場合であっても評価をしてくれますが、それはSEOでかなり高い価値を求められているときです。

そして御社のホームページにおいては、基本はそこまでSEOの価値を高めることができないと思いますので、しっかりと同テーマでのホームページを制作してそこから被リンクを行うのが無難になると思います。

この関連性については、関連性がなくても「SEOで評価されている」あるいは「リンク数が多い」場合にはそれなりの評価を得ているように思われ、これらの条件を満たすことは本当に大変ですので、被リンク対策を自分で行う際にはしっかりと狙うキーワードと関係する内容でホームページを立ち上げるようにしましょう。

そうすることで、被リンクの質は高まり、必ず御社のホームページのSEOに効果があるのです。

自然に被リンクは集まらない

実は自然な被リンクは集まらない

そして被リンクは自動には集まりません。

どういうことかと言うと、仮にですが、御社がブログを運営しているとします。

そして色々と情報を探しているときに良い情報を見つけたら、自分のホームページの更新ネタにするかどうかを考えるのが大事です。

実際に弊社においてもそうですが、当ブログなどの場合は、結構さまざまなホームページへとリンクを張っているのですが、このリンクを張っている理由は単純に、1記事1リンクと決めて運営をしているからです。

基本的には人は被リンクは張ってくれません。

そのため、記事作成だけを行っていて上がることもありますが、しかし大半は上がらず、なんでだろうと悩み、結局は被リンクをしないといけないという判断になるのです。

これは非常に大切で、確かに自動で被リンクが集まるホームページもあるにはあるのですが、それらはある程度のブランド力を持っているホームページになっており、このブランド力をつけるのは本当に大変なものになっています。

そしてさらに言うならば、ホームページで検索順位をキープし続けるためにはリンクを獲得し続けなくてはならず、ここまで考えていくと本当に厳しいものになるのです。

被リンク対策をしよう

被リンク対策をしよう

そのため、被リンク対策を行う時には自分で行う必要があります。

ただこの被リンク対策は弊社においても相当大変だと思っており、基本的には昔は結構無料ブログを立ち上げてそこから被リンクするだけで良かったのですが、しかし現在は記事内容やリンクがないページの記事内容、さらにはそのホームページのSEO状況なども見られています。

これらを達成できる場合に、実は相当その被リンクは効果的なものになっていて、実際に弊社はこれらを達成している被リンクを行うと、ある特定のビッグワードで1つの被リンクだけで10位ほど上げたという経験があります。

またそのホームページから弊社のお客さますべてに被リンクを行ったところ、大体が色々なキーワードで3から4位上げており、これくらいの効果が被リンクにはあるのです。

関連性がありSEO効果があるホームページからの被リンクが10として、関連性がなくSEO効果が高い被リンクは3程度になっており、これらをしっかりと理解することで、どのような被リンクサイトを制作すれば良いかが明確ではないでしょうか。

そしてその明確になった被リンク用のホームページを作成して運営することで、御社のホームページの検索順位は飛躍的に高まりますが、しっかりとその被リンクの価値を高めるという行動は忘れてはなりません。

テーマの関連性は非常に大切ですが、その被リンク元のSEOも大切です。

これらをしっかりと理解してそして対策を行うことで、御社のホームページの検索順位は絶対に上がります。

もちろん弊社ではこのようなSEO施策をお客さまに提案をしているのですが、実際にこれらを理解しても作業量が多すぎるため、行わないというお客さまも多くいらっしゃり、その場合はやらなければあがらないので、少しずつでも良いのでお願いしますと提案をしております。

実際に被リンクはライバルを調べると5000近い場合や10000前後の場合が多いですが、このやり方だと弊社のホームページがそうであるように数百の被リンクでも十分に戦えますので、ぜひ被リンク対策を頑張るようにしましょう。